有限会社インターリンク沖縄

ホーム>インターリンク沖縄について:

沿革

当社は1988年に創業者の豊川あさみが、金武町の地域資源である金武鍾乳洞を活用し、実家で製造した泡盛を貯蔵させるボトルキープの仕組みを作ったことに始まります。
当時は、創業者とその母とで事業を営んでいたため、1997年に有限会社に改組し「有限会社インターリンク沖縄」を設立致しました。
その後、「沖縄の食材や食文化を今に伝え、守り、さらにアレンジを加え、伝統とモダンの融合を図る」をコンセプトに事業展開をし、現在に至っております。

これまでの沿革は以下の通りです。

1997年3月 有限会社インターリンク沖縄 設立
2001年8月 もろみ酢「黒長寿」販売開始
2003年6月 カフェレストラン 長楽 開始
2004年1月 酒類販売業免許 取得
2005年7月 もろみ酢「黒長寿」パッションフルーツブレンド 特許取得(特許第3697659号)
2009年11月 田いも工房「きん田」金武店 オープン
2010年7月 田いも工房「きん田」&龍の蔵 那覇新都心店 オープン
2012年6月 本社社屋・菓子および豆腐餻製造工場 完成
2012年7月 カフェレストラン 長楽 リニューアルオープン
「観音茶屋」を「龍の蔵」金武店に改め移転オープン
2013年1月 鍾乳洞内豆腐餻貯蔵施設拡大工事 終了
鍾乳洞泡盛セラー リニューアルオープン
2013年2月 旅館業許可証 取得
2013年3月 コンドミニアム「オーシャンヒルズ 長楽ステイ」開業
2015年11月 龍の蔵 県庁前店 オープン